優秀な家庭教師とは

家庭教師になる人には個人差があり、やはり優秀な人というのは存在します。では、優秀な家庭教師の条件とは一体なんなのでしょうか。家庭教師に限らず、人にものを教える職業にはこうやれば優秀になれるとった簡単な基準はありません。個人の能力だけでなく、教える側に評価される職業だからです。生徒も色々な考えを持っていますのですべての生徒に評価が高い教師になるというのは実質的に不可能です。家庭の教育方針なども関係してきますし理想の家庭教師像というのはそのクライアントによって違うからです。

 

しかし、それでもある程度実力をつけることによって、最低条件はクリアし優秀な教師に近づくことは可能です。ここでは、家庭教師として押さえておきたいポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

生徒の学力を上げる

家庭教師をクライアントである家族が雇う理由は、当然のことですが子供の学力向上です。やはり、家庭教師が認められるためには、生徒である子供の学力を上げるというのが一番の近道です。結果を出している間は評価される確立が高くなりますし、それが家庭教師の本分だからです。

 

また、家庭教師という仕事をしている自分から見ても生徒の成績が上がるとうれしいものです。自分の仕事が結果に結びついているというのはモチベーションを高める上でもとても効果があります。生徒からも親御さんからも感謝されるでしょうし、家庭教師としてのやりがいを感じることができるでしょう。このように、生徒の学力を上げるということは家庭教師としては最大の目標の1つであると同時に評価をされるポイントなのです。

コミュニケーション能力

また、生徒にどれだけ信頼され、話を聞いてあげられるか?どれだけ仲良くなれるかといったことも良い家庭教師の条件です。家庭教師は勉強だけ教えれば良いというわけではないのです。思春期まっただ中の生徒は人生の先輩である家庭教師の先生と話をしてみたいという子が多いのです。また、家族も自分たちでは話してくれない悩みなどを引き出してくれるのではないかと密かに期待している場合も多いようです。

 

学校でのできごとや、恋愛などのプライベートな悩みは家族には相談しにくいものです。しかし、比較的に年齢も近い家庭教師の先生には相談できるという場合もあるでしょう。悩みを打ち明けることで子供の気持ちも楽になりますし、学力にも影響します。そういう意味では、良い家庭教師は学力などの頭の良さだけでなく、人間としてのコミュニケーション能力も必要となってくるといえるでしょう。

社会人としての自覚

そして責任感があるとうことも家庭教師には必須といえます。先生といってもほとんどの場合は二十歳そこそこの若者です。社会的に見ればまだ先生と呼ばれることはほとんどありません。

 

そんな中で家庭教師は「先生」と呼ばれるにふさわしい責任をもった行動をしなくてはならないのです。基本的には電話の応対や、話し言葉、さらには礼儀正しさといった社会人としての常識は身につけておかなければなりません。授業への遅刻などはもってのほかですし、授業中に携帯電話をならしたり、メールの確認をするなどの行動も絶対に避けなければなりません。

 

ホテルマンのようにきっちりする必要はありませんが、自分なりに誠意ある態度を心がけて生徒や、親御さんに接するようにしましょう。大事なのは相手を尊敬する気持ちです。

pickup

犬の服を購入

Qoo10でショッピング

最終更新日:2017/7/6