家庭教師になるには

家庭教師の心構え

家庭教師というのは、考えているよりも生徒に近い存在となります。大げさに言えば、勉強を教えて受験に導いたりするだけでなく、生徒の先生であり親であり兄弟ともいえるべき存在といっても言い過ぎではありません。むしろそうなるべきなのです。当然のことですが、家庭教師は生徒の学業の先生です。そのため、学校や塾の先生のように勉強を教えて生徒の学力をあげていかなくてはいけません。

それと同時に、学校や受験を強く意識した塾の先生とは違う一面、つまり家庭教師は毎週数時間、生徒と二人だけで過ごす特別な存在ということもできます。そう、時には親の代わりとして生徒に対して厳しく接することも必要でしょうし、愛情をもってやさしく指導することにもなるでしょう。具体的な例を挙げると、宿題をやってこなかった生徒に対して、学校や塾の先生の場合は注意するだけでよいでしょう。しかし、家庭教師に求められる対応はそうではありません。起こるだけではなく何故やらなかったのかを聞きだし、改善するにはどうすればよいのかを一緒に考えていくような、まるで親族に接するような心が求められるのです。

 

家庭教師は生徒との年齢が比較的近いので、生徒も学校の先生や親よりも心を開く可能性が高いのです。そのため、家庭教師は兄弟のような位置づけで、どんな悩みも相談できる兄貴のような存在になるのが一番だと言えるでしょう。
受験も相談できる家庭教師ならより素晴らしいことです。同じ受験を経験してきたものとして、アドバイスや塾・学校では教えてくれない自己流の受験対策を教えてくれます。

家庭教師になる方法

家庭教師になるのに一番の近道は、家庭教師を募集している派遣会社に応募するのが一般的といえるでしょう。最近ではインターネットからオンラインで家庭教師登録ができる派遣会社も増えてきていてとても便利です。オンライン登録後に面接、研修、派遣、という順序で非常にスムーズに進みますのでオススメの方法です。

 

このネットを使った方法として、個人で家庭教師を斡旋している企業もあります。最近では、インターネット上で家庭教師と生徒さんをテレビ電話などを使って会わせるというという手法をとる企業もふえてきています。応募してきた家庭教師の登録情報から生徒さんが個人契約斡旋業者にコンタクトをとって希望の家庭教師を紹介してもらうというサービスになります。このようなサービスでは、通常では生徒と教師の個人契約という形を取り企業は紹介料としてマージンを取ります。

 

このような企業が通常の家庭教師派遣会社との違う所は、家庭教師紹介した後は契約は企業の手から離れるため、家庭教師と生徒さんとの個人契約になる当店です。派遣会社では契約期間中もマージンが取られてしまうのですが、そのような事が一切無いため、金銭面から見てもお得にあることが多いという利点があります。

 

また、昔ながらの大学の掲示板などに募集広告を出して、家庭教師希望者自身が直接に生徒を探すという方法もあります。良くあるのは、友人や親戚のツテを頼ったり、新聞に生徒さんの募集広告を出すというのも有効です。新聞は以外と有効な媒体で、生徒さんを募集したことがある友人は、広告料金は1万円くらいで3~4件ほど問い合わせがありその後に契約したといっていました。このような今では古いと思われがちな手法もまだまだ使えるようです。

注目サイト

ランジェリーの通販サイト

専門学校 桑沢デザイン研究所 / official

Last update:2017/7/21