家庭教師に必要なもの

家庭教師に一番必要なものとは?

家庭教師に一番必要なものそれは、やりがいです。家庭教師をする上で緊張することは、保護者の自分に対する評価が直接届くということですが、これは、シビアな反面やりがいにもなります。例えば、担当する生徒の成績が下がってしまうと、クライアントである親御さんからどうなっているのかと直接言われてしまいます。そうとうプレッシャーが掛かりますよね。しかし、逆に成績が上がったとしたらどでしょう?その時は直接感謝の気持ちが届くでしょう。これが塾や学校なら、滅多に保護者から直接お礼をいわれるなんてことはないでしょう。また、塾のような大きな所ではクレームに対して、塾長や担当者が対処するのが普通です。講師が対応してしまうと、講師と上の意見に食い違いが出てしまったり、余計な約束までしてしまうことも考えられるからです。

この場合、クレームは大抵、保護者との話し合いが全て済んだ後に、塾長の判断で、柔らかくなった言葉で講師に伝えられたり、怒られるというのが普通です。成績が上がった場合の感謝の言葉も、塾にわざわざ電話をかけて伝える人はそうそういないでしょうし、塾まで挨拶に来る保護者はほぼいないといってもよいでしょう。塾は、成績があがって、当たり前の場所であり当然の結果と考えるからでしょう。

 

それが家庭教師の場合でも同じように、クライアントはお金を払っています。しかし、家に行ってその分家族との関わりがあるために、保護者と接する機会がとても多くなるということもあり、会話の中にお礼や感謝の言葉を聞くことができるのです。塾と、家庭教師どっちが、良いのかと考えた場合、無機質な塾よりも関わりを深く持てる家庭教師のほうが向いているなと思う方もおおいのではないでしょうか。

 

塾でも確かに塾長や上司といった上の人間からは怒られたり、ほめられたりするでしょうが、それは、直接のクライアントである保護者の言葉には、とうていかなわないのです。このような保護者の直接的な評価を受けることによって、大変だ、やりがいがあると感じることが出来るのは、自分として成長できると思いますし、それが一番のやりがい繋がっていくのです。

保護者との信頼関係

生徒との信頼関係はもちろん大事ですがそれ以上に大切にしなければならないのが親御さんとの信頼関係です。理由はお金を払うのは、教える生徒である子供ではなく、クライアントである親だからです。

 

シビアな見方かもしれませんがこれが現実です。極端な話をすると子供にいくら嫌われようが親の信頼を得ている限りはクビにはなりません。まあ、子供の信頼と親の信頼はある程度繋がっていますのでそのような事は、あまりないとは思いますが。とはいえ家庭教師としてもお金を儲ける目的でやっているのですから、きれい事ばかりもいっていられません。親との関係を長持ちさせるためのポイントは、どれだけお金の部分を透明化できるかということです。以外かもしれませんが仕事の上では、お金の部分を透明にできる人の方が、人との信頼関係を築きやすいのです。また、お金の問題だけではなく子どもは、その人の本質を見分ける不思議な力を持っています。さっき極端な例を出しましたが、実際には親との信頼関係には子供との信頼関係が深く関わってくるでしょう。

Valuable information

1000円カットはすごい!
http://www.10000sites.org/
大阪のゲーム機買取なら
https://kaumobile.jp/category/game/

最終更新日:2016/12/27