家庭教師の注意点

家庭教師業界は残念ながら様々な問題を抱えています。その中の1つが悪徳業者の横行です。ここでは家庭教師センターを選ぶ時に悪徳業者に引っかからないための注意点と、悪徳業者を見分ける方法をご紹介します。

高額教材に注意

悪徳業者の中でも、消費者センターへの問い合わせ・苦情が最も多く寄せられ、掲示板への書き込み数も最も多かったのが、教材販売を同時に行っている家庭教師業者です。家庭教師業者の中には、家庭教師を派遣するということを謳い文句として、高額な教材を売りつけることを目的としている悪徳業者がいるのです。このような悪徳家庭教師センターとしてみれば家庭教師を派遣することでなく、教材を売ればそこで、目的は達せられるわけですので、その後のサポートなどは一切せずに逃げてしまいます。又、家庭教師の契約を切っても「高額教材」にはらったお金は返ってきません。ローンを組んでいた場合などは払い終わるまで続いてしまうのです。

一括ローンにも注意

高額教材販売の悪徳家庭教師センターと同じように、家庭教師業界の最大の問題となっているのが、チケット制で一括ローン販売する業者や、授業料を一括で払うことを求めてくる家庭教師センターです。この手の悪徳家庭教師センターは一年分をの授業料を一括で払うよう要求してきますのでこのような業者とは決して契約しないようにしてください。このような家庭教師センターも授業料を支払ってもらえば目的は達成です。その後のサポートなどは一切期待できないでしょう。又、チケットが残ってしまった場合は不当な料金を差し引いて返却を求めてくるなどの特定商取引法を悪用した家庭教師業者も流行しているようですので十分な注意が必要です。

面接しない業者は信用できない

普通、家庭教師センターに家庭教師の派遣を頼んだ場合は、担当者が面談の為に家庭訪問を行って子供さんと面接をします。この家庭訪問の目的としては、実際に担当する子供とあって、子供に合う家庭教師の方向性を見つけ出すためと、成績や科目別のテスト結果などの現状を把握して、分析し、指導方針を含めて家庭教師を選ぶためです。

 

しかし、利益だけを追求している悪徳家庭教師業者の場合、電話やインターネットのメールなど間接的な連絡だけで、仕事を安易に引き受け、体験授業などという名目何の準備もなしに家庭教師をよこすという所がほとんどのようです。当然、このような家庭教師センターではサポートや先生の質を期待することはできません。

 

実際に子供に会っていないのに、子供と性格が合う家庭教師を選べるわけが無いですし、適当な選定基準で選んでいるという手抜きをしている可能性が高いですし、子供の学力や、性格の具体的な情報を持っていないのにどうやって授業方針を決めることができるのでしょうか?このような家庭教師自身のみに丸投げするような業者にお金を払うのは、ドブに捨てることと、そう大差ありません。

 

このような家庭教師センターへの苦情は、最近になってとても増えているそうです。電話とインターネットさえあれば、事務所で待っているだけで全てが完結するため参入しやすいのでしょうが、このようなインスタント家庭教師業者は全く信用できないので気をつけましょう。

Favorite

和食器を通販で買う

池袋 賃貸

商標登録 費用

長茎術

2017/7/27 更新